実習日誌を丸写し!!

■教育実習7日目IN都内のある小学校

今日はまず昼休み僕のネクタイを引っ張ったりズボンを脱がそうとする
子ども達をどうやって辞めさせるのかを考え、先生の指示通り実行に移しました。

そのような行為よりも楽しいことがあるんだということを、
子ども達に気付かせることが大切なんだと分かりました。

今日やったのは、僕が鬼になってその子ども達を逆に追い掛け回しました。
そうしたら子どもは逃げて行きました。


子ども達が毎日遊んでくれたり、ちょっかいを出してきたりします。

このような行為を怒鳴って止めることは簡単ですが、
今日の様な方法もあるんだなと勉強になりました。


また、最近は子どもが僕に慣れてきたのもあり、色んなことを言われます。
「先生になってまたこの小学校に戻ってきてね。」や
「絶対教師に向いてないよ。」とか「気持ち悪い」と言われます。

その度に色んな気持ちになり考えさせられます。

子どもの心は読めませんが、このような言葉を心に留めて
自分自身をしっかりと見つめがんばっていこうと思います。

――――――――――――――――――――――――――

子どもって平気で人を傷つける言葉を言うんですよね。
それも悪気があるんだかないんだか分からないからね。

でも、そういうことを言われて「僕はつらいんだよ。」ということは伝えるべきだと
僕は恩師に言われました。

ちゃんと言葉で説明して納得させるべきですね☆
僕もこの日以来ちゃんと言葉で伝えることを意識して実習をしました。
しっかり伝えようと思えば伝わるものでした。

それにしてもズボンを脱がされそうになったのはこまった・・・
ベルトはしっかり締めておきましょうね(笑)





【目次】

TOP

1日目(大緊張・腹痛だ・・・)

2日目(ちょっと慣れてきた!?)

3日目(大緊張の初授業)

4日目(一生懸命さは伝染する)

5日目(研究授業につながる授業。)

6日目(講話が始まった日)

7日目(子どものいたずらをどうするか・・・)

8日目の日誌(想い)

9日目の日誌(授業を見ることは勉強になる。)

10日目(早いもので残り半分)


11日目(運動会が中止になった日)

12日目(運動会やっとこさ開催!!)

13日目(授業大失敗<m(__)m>)

14日目(五感に訴える授業っていいよね)

15日目(外人になってみた☆大ウケ!!)

16日目(他の学年で授業をやった日。これは辛かった。)

17日目(教育センター教室ってものがあるんです。)

18日目(研究授業指導案完成!!長かった・・・)

19日目(一日担任だぜぃ☆)

20日目(とうとう最終日!!感動の研究授業!!)

編集後記(読んでくれてありがとうございます。)


【HOME】  ↑このページの先頭へ行く 


Copyright (c) 2004 tommy ,Inc. All rights reserved.